中古車を売却したいとき、走行距離が長い車だと査定が厳しいとされています。評価を上げる方法を知っておくと良いでしょう。大事に乗っていることを証明できれば、評価アップができます。きれいにしておくことも必要と言えるでしょう。

車の寿命が分かるために影響する

自動車にはいろいろな部品があります。地面に接しているのはタイヤですが、その他にホイールであったり車軸、さらには動力の元になるエンジンやモーターなどもあります。タイヤはすり減ってくれば交換ができます。その他も傷めば交換できる部分もありますが、交換した方が高くつくこともあるので、ある程度消耗すればそのまま廃車になるのでしょう。中古車を売却する時には走行距離が影響するとされています。それは、寿命が分かるとされているからです。距離を走ればそれだけエンジンを使い、車軸なども使います。容易に交換できない部分が消耗すれば、その分使える年数も少なくなるので、価値が減ります。

1年あたり1万キロが一つの基準になる

自動車の利用方法はそれぞれの人で異なります。毎日通勤で一定距離を走る人もいれば、近所の買い物程度、送り迎え程度のこともあります。週末だけの利用もあるかもしれません。仕事で使うとなると、1日中使うこともあるでしょう。中古車を売却する時には走行距離が見られます。単に距離を見られるだけでないことに注意をしておきましょう。一定の基準があり、1年で1万キロ超えているか未満かがあります。未満なら、それほど使用頻度が少ないとされ、査定も大きくは下がりません。超えているとなるとハードな使われ方をしていると判断されるため、同じ年数でも査定が下がりやすくなります。

過走行車をできるだけ高く売却する方法

自動車は、中古市場が確立されているので、比較的売却がしやすいとされています。しかし、すべてが可能とは限りません。中古車を売却するとき、査定の重要ポイントの一つに走行距離があります。これが一定距離になっていると、その分消耗が激しいとのことで査定が下がります。過走行車で高く売却する方法があるかです。まずは、大事に乗っていることを証明する資料を提出しましょう。法定車検以外に独自に車検を行っていると、評価してもらいやすいです。もちろんきれいにしておくのは言うまでもありません。また、海外に販路を持つ業者に査定をしてもらいましょう。20万キロなどでも買い取ってもらえます。

まとめ

中古車を売却するときの査定で重要なポイントになるのが走行距離になります。1年で1万キロ未満か超えているかで査定が変わるとされています。距離を走ると、その分部品の消耗が激しくなるために評価が下がる可能性があります。