新しい車を購入したり、車の買い替えを検討する際に現在乗っている自動車の売却を検討することがあります。しかし長年乗っている車の場合、小さな傷などが査定に影響をあたえるのではと考えている人も少なくありません。そのためまずは中古車査定のポイントについて知っておくと良いでしょう。

傷の大きさなどについて知っておく

中古車査定を行う際、車体の綺麗さは価格に大きな影響を与えます。そのため傷があると安くなりがちと考えられますが、木の枝などで付いたしっかり見ないとわからないような傷であれば、多くの場合で価格に影響をあたえることはありません。その理由として、ワックスなどをかければ十分に元通りになるほか、車体の色によっては少し塗装をするだけで見た目を問題なくすることが可能なためです。そのため自身で事前に対策をしておくのも一つの手ですが、業者によってはそれらのサービスを無料で実施してくれるところもあるため、相談してみるのも一つの手です。

大きめの傷は価格に影響をあたえることが多い

一方見て分かるような大きな傷であれば、査定額は基本的に下がります。特に多いのがバンパーなどに付いたものですが、査定額が下がるのは避けられませんが、丸々交換すれば問題ないため、場合によっては減少額が小さくすむことが多いです。一方ドアや車体フレームなどの場合は交換にも大きな費用が必要となるため、大幅に減額されてしまうことがあり、車体の状態によっては逆に処分費用が必要となることもあります。ただし業者によっては最低金額保証を行ってくれるところもあるため、一括見積などでそれらの業者に依頼するのも一つの手です。

中古車査定を依頼する上での注意点

中古車査定を依頼する上での注意点として挙げられるのが、業者に誠実に対応するという点です。事故車や大きな傷がついている場合、どうしてもそれらをごまかして高値で売却したいと考える人も中にはいますが、当然発覚した場合業者からの信頼が失われるだけでなく、場合によっては取引してもらえないという事態を招きかねません。そのため嘘をつかずに最初からしっかり対応を行うことで、業者もしっかり対応してくれるようになります。次に挙げられるのが依頼するタイミングで、在庫が多い場合などは同じ車種の同じ状態であっても買取価格が安くなってしまう傾向にあります。そのため依頼するタイミングをしっかり見極めることもテクニックの一つです。

まとめ

このように中古車査定を行う際に知っておきたいポイントや注意しておきたいポイントは複数存在します。どの場合においても業者に対して誠実に対応し、悩みがある時は相談することで自身の自動車を思った以上の高値で売却できることがあるため、それぞれのポイントを押さえておくことをお勧めします。