中古車の査定をしてもらうとき純正オプションがどれくらい影響するかですが、一般的なものだとそれほど変わりませんが、人気の特別仕様として取付けるものだと、標準タイプよりも評価が高くなります。その車しかないオプションなども人気です。

人気がある場合はないより価値が高くなる

自動車を新車で購入するとき、全くオプションがついていない標準の状態があります。購入の時には、自分の好みのオプションを指定することができ、それを販売店に伝えます。後は工場でオプションをつけてもらい、それを納車してもらいます。オプションなしで売られることは少ないでしょう。中古車を査定してもらうとき純正オプションがどう影響するかですが、人気があるなら価値が上がる可能性があります。その車にしかついていないものなどがありますが、事前につけていなければ当然中古にもついていません。ついているものは貴重な存在になります。サンルーフ等だとないものより価値が上がる可能性があります。

工場でつけるものとディーラー取付け

自動車を購入するとき、新車の場合はどんな車がいいかを決めてオプションをつけます。一旦指定したオプションは納車されると変更できません。どうしてもつけたいときは、メーカー外の工場などに依頼しないといけません。それ以外の純正オプションとしては、ディーラーがつけるタイプがあります。中古車の査定をするとき、ディーラータイプは後付け可能になります。つまりは、中古でも欲しければ後からつけられます。そのため、メーカーオプションよりは価値は低いかもしれません。ただ、カーナビなどメーカーオプションよりも人気のものをつけてくれることがあり、通常よりも評価アップできることもあります。

社外オプションをつけた時も残しておく

より自分好みの自動車にしたいとき、メーカーやディーラーのオプションでは限度があります。そこで利用するのが社外オプションになります。社外にも2つあり、メーカー系と独立系があります。中古車の査定で純正オプションの評価として、メーカー系の社外オプションが人気の場合があります。レースなどにも出場するような業者が行っている場合は、そのままの方が良いこともあります。ただ、元に戻してほしいといわれることもあります。そのために、純正パーツなどを残しておくと良いでしょう。マフラーなどであれば、交換をするだけなら元に戻せる場合があります。どちらの方が高く売れるかでしょう。

まとめ

新車で購入する時には、それなりにオプションが付けられた状態で販売されます。中古車の査定においては純正オプションの中でも人気のオプションがあるかで評価が変わります。サンルーフなどだと、無いタイプよりも価値が上がります。