新車に買い替える時は、買取で売るか下取りで売るか、迷うケースも少なくありません。そこで、1円でも高く愛車を手放すならどちらを選んだ方が有利か、双方の違いや、リセールバリューが低い不人気車の増額方法も含めて、見ていきましょう。

中古車を高く手放す方法はどっち

自動車を買い替える時の手放し方には買取と下取りの2通りがありますが、両者は似ているようでも全くの別ものです。買取は売却だけを行う手放し方ですから、数々ある中古車買取店の中から自由に売却先を選べます。一方、下取りは購入自動車の代金の一部として充当する手放し方のため、次の自動車を買うお店だけに限定されます。つまり買取なら各店の査定額を比較して最高値で買ってくれる店舗へ売れますが、下取りは購入店だけに絞られますので、比較対象の選択肢は少ないのが実情です。ですから一般的には、買取の方が高く手放せるということが常識になっています。

それでも尚おすすめする理由とは

基本的に中古車は買取の方が高く売れるうえ、しかも人気車種であれば高値で売れるチャンスが多々あります。ですが、それでもなお下取りを検討した方が良いのには理由があるのです。例えば新車へ買い替える場合、大抵競合車種を持ち出して値引き交渉を行いますが、値引き額には限界もあります。ところがカーディーラーがどうしても車を売りたい場合、一定以上の値引きには難色を示す状況でも、下取り額のアップなら意外にOKしてくれることもあるのです。特に在庫車を処分したい時や、売り上げを伸ばしたい決算時期などでは、それが顕著に見られる傾向があります。競合車種のライバルメーカーはもとより、同じメーカーでもカーディーラーが違えば査定額も大概違うため、複数の店舗で査定を受け、下取り価格を比較するのがおすすめです。

不人気車でリセールバリューのアップを目指すなら

また、売りたい愛車が世間一般では人気がない自動車なら、製造メーカーのカーディーラーで手放した方が有利になる場合が殆どです。もちろん中古車買取店でも引き取ってくれる筈ですが、仕入れたところで売れ残るのが予想されますから、高額査定は期待できないでしょう。ところが、製造メーカーのカーディーラーなら自社製品をむやみに卑下することは少ないため、通常の相場価格よりも高い査定金額が望めるのです。自動車を手放す時は常に買取が有利とは限りませんので、愛車を買い替える場合、まずは下取り価格をしっかり比較しましょう。

まとめ

新車に買い替える場合、カーディーラーの事情により一定以上の値引きは厳しいですが、下取り価格の増額には意外に応じてくれることがあります。店舗が違えば査定額も変化しますので、ライバルメーカーはもとより、同じメーカーでも複数のカーディーラーで査定を受け、価格を比較するのが得策です。また、不人気車の場合は、製造メーカーでの査定が特に魅力的となりますから、まずは下取り価格を比較してみましょう。