新しい車が欲しくなった時や、何らかの事情によって車に乗る機会がほとんどなくなってしまった場合、乗らなくなった車は中古車として売らなければいけません。車はしょゆうしているだけでも 自動車税がかかりますし、駐車場を借りていれば駐車場代も払わなければいけません。

大きく損傷している車は売れないことも

現在では、見積りを業者に出してもらわなくても自分自身でインターネットなどを利用すれば所有している車の価値が大体わかるようにはなっています。しかし、同じ車でもその車の状態によって査定額は大きく変動します。では中古車を査定してもらう時に減額となるのはどのような車なのでしょうか。まず、中古車の状態が著しく悪い場合は当然、同じ車でも綺麗な車に比べると減額の対象となります。特に事故車と呼ばれる車の骨組みが損傷している車はまともに走行できる保証がないため、減額になるどころかお店によっては買い取ってもらえないこともあります。

たくさん走った車はあまり高く売れない

また、綺麗な車であってもその車がどれくらい使用されているかが査定額に大きく影響します。一般的に知られている査定額に影響する部分といえば走行距離です。実際に走行距離は査定額に大きく影響していて、5万キロ、と10万キロがそれぞれ査定額が大きく減額される一つの節目となっています。車は消耗品ですから、たくさん走行すればそうこうするほど部粉が消耗しています。特に10万キロも走行すればブレーパッドをはじめとして重要な部分を交換する必要性があります。そのため、市場でも購入を見送る人が増えるため査定額が大きく減額されるのです。

車自体の人気度も価格に大きく影響

もう一つ、車自体の人気度も査定額に大きく影響します。人気のない車は買い取り手がなかなか現れないため、業者も積極的に買い取ろうという気になりにくいのです。例えば、車のボディカラーで言えば白、シルバー、黒といった色が相変わらず根強い人気を持っています。最近はカラーバリエーションが豊富な車も出てきていますが、売るときのことを考えれば無難な色を買っておいた方が良いでしょう。また、最も査定額に影響するのがモデルチェンジです。モデルチェンジをすれば基本的に車の快適性は高くなります。モデルチェンジ後に不便なモデルチェンジ前の車を欲しがる人はあまり居ません。そのため、モデルチェンジをすると以前の車種は市場価値が大きく下がります。

まとめ

中古車は同じ車でもその車の状態によって大きく価格が変わります。特に事故車と呼ばれる車は場合によっては買取すらしてもらえなくなります。走行距離や車の色、モデルチェンジをしたかどうかも査定額に大きく響いてくる部分です。