オークションの仕組みで価格を決定

中古車査定をしてもらうとき、まずは車種などの基本情報から行ってもらいます。その後、実際に車の状態を専門家がチェックし、より細かい査定をします。その業者の判断でいくらぐらいとの価格が出て、それで納得すれば買取をしてもらいます。査定をしてもらう側としては、より高く売りたいでしょう。カープライスでは、独自のオークションシステムで買取価格が決められます。業者が査定をして、その情報をアップロードします。アップロードされた情報を元に買取りたい業者が価格を提示します。オークションの価格で最終価格が決定し、その金額での買取をしてもらうことができます。

希望額を設定して販売業者に査定をしてもらえる

中古を販売するとき、間に業者が入る場合と直接取引をするときとでは、間に業者が入る方がコストがかかります。買う側も売る側も中間業者に支払うお金分損をします。一方、オークションの場合は、売りたい人の価格と買いたい人の価格が一致した時に売買が成立します。カープライスにおける中古車査定では、希望額を設定してオークションに出します。販売業者は、希望額を知りながら価格の設定をしていくので、欲しい車なら希望額以上が付きやすくなります。各業者が価格設定の競争をしてくれるので、どんどん上がる可能性があり、通常の買い取り金額に比べるとかなり高く買い取ってもらえる可能性が出てきます。

手数料1万円のわかりやすいサービス

一般的に、中古車査定をしてもらうときには特に手数料はかかりません。業者に査定をしてもらって、その金額に満足すればそれで買取をしてもらいます。ただ、買取額には実質的には手数料が含まれているでしょう。どうしても売りたいときには納得するしかありません。カープライスを利用した中古車査定の方法だと、1万円の手数料が必要になります。これは、こちらが運営しているオークションサービスを利用するための手数料です。でも、それ以外は査定料はかからないようになっています。買い取り金額は、オークション方式で販売店が提示をしてくれます。買い取り金額から1万円を引いた金額で売却できたことになります。

まとめ

中古車査定をしてもらって売却をすることがありますが、納得いく価格かどうかの判断はしにくいです。カープライスは、販売店に買取価格を提示をオークション方式で提示してもらいます。希望価格よりも高く買い取ってもらえる可能性があります。

公式サイトをチェック