新しい車が欲しくなったり、生活環境が変わって大きい車から小さい車に乗り換えたい、または逆に小さな車で十分になったなど、今乗っている車を中古車として売却することになるタイミングというのはいつかやってきます。

下取りよりも買取のお店に持っていこう

中古車として自分の車を売却する時、できれば少しでも高く買い取って欲しいと考えるものです。中古車を売価yくするのに適したタイミングというのはいくつかあります。自分の中古車を少しでも高く売るタイミングについては知っておいて損はありません。まず、車を売却する時には買取と下取り、二つの方法があります。下取りは売却と購入を同時に行えるため、楽ではありますが、中古車を高く売るという目的であれば、手間を惜しまず買取してくれるお店に持っていきましょう。ディーラーはあくまでも新車を売るのが目的です、中古車の市場価値はあまり加味せずに価格を決めることが多いです。

車を売る時期によっては高く買い取ってもらえる

車を高く買い取ってもらえるタイミングを知るには時期も重要です。中古車を売る際に緊急性が無いのであれば1月から3月にかけてか、9月から10月にかけてを狙ってみましょう。この二つの時期はいずれも車を購入する人が多く業界が活発に動き回る時期です。車が良く売れるという事は車不足に陥りがちなので、出来るだけたくさんの車を欲しいと考えています。車を持っていれば売れるわけですから、いつもより高い見積額を出してくれることが多いのです。ちなみに新しく車を買い替えるタイミングとしても先に上げた二つの時期はベストなタイミングとなっています。

モデルチェンジと走行距離には気をつけて

また、高く売れるタイミングというよりも、この時期を過ぎると著しく買取価格が下がってしまうというタイミングも存在します。一つ目は自分の所有している中古車がフルモデルチェンジをしたときです。モデルチェンジをしてしまうと、前のモデルの車を欲しいと考える人はとても少なくなります。市場に出しても売れませんから買取価格も大きく下がります。もし自分の車が近々モデルチェンジをするのであればその前に買取してもらった方が良いでしょう。もう一つは走行距離です。走行距離は5万キロと10万キロ、この二つが中古車を買い取るときの一つの物差しとなっていて、この距離を境に買取価格は大きく下がります。

まとめ

中古車を売却するタイミングはいくつか存在します。時期的には車が活発に動き回る時期に売るようにすれば高く買い取ってもらえます。また、モデルチェンジや走行距離によって買取価格が大きく変動するので注意しましょう。