中古車を売却したいと考えている方、査定額の他に何か手数料がかかるのかは気になるところですよね。中古車を買い取ってもらったお金で、次のマイカーの購入を考えている場合など、手数料が高くついてしまうと嫌なものです。ここでは気になる手数料について解説します。

売却時にかかる費用は主に二つだけです

車を購入する際は、自動車取得税や自動車重量税をはじめとする税金の支払い、名義登録費用や車庫証明費用などその他手数料は数多くかかります。車を売却する際も多くの費用がかかるかと想像してしまいますが、売却時の費用は主なものは二つだけです。車の名義を販売店に変更したり一旦抹消するための陸運局での手続きを代行してもらうための料金と、車を自宅まで取りに来てもらう際は引き取り料です。これらの費用を差し引いた金額を査定額としている業者が多いですので、あまり意識する必要はありません。査定金額とは別に請求される場合でも、1~2万円の負担で済みます。

査定はほとんどの業者で無料で行っています

また、業者によっては車両登録に関する手数料などを査定額から差し引きしないと謳っているところもありますので、事前に確認しておくと良いでしょう。まず、どこの業者でもよく分からない費用をたくさん差し引かれたりすることはありませんので、安心して売却を考えることができます。また、実際に売却するしないに関わらず査定してもらうだけならほとんどの業者で無料で行っています。ただし、一旦査定してもらうと、断ることが難しいケースがありますので、断るのが苦手と言う方は、やたらと査定に出すことは避けて、二社くらいに決めて行うことをお勧めします。

下取りの場合は費用が多くかかることがあります

ディーラーなどで車を下取りに出して新車を購入するというケースでは、下取り手数料や名義変更手数料が必要になり、これらの費用は高額になる場合があります。下取り査定額は高く提示してもらえることが多いですが、最終的にこれらの費用と場合によっては査定手数料を差し引かれることを覚えておくと、賢く比較検討出来ます。もちろん手数料も含めて下取に出す方が高く買い取ってもらえるケースもありますが、そうでない場合もあります。見かけの査定価格に惑わされずに、実質いくらになるのかしっかり判断する知識を身に着けておきましょう。

まとめ

中古車を買い取ってもらう際の手数料は、主に二つのみで、買取査定金額に含まれていることが多いです。別途請求される場合でも、1~2万円程度でそれほど高額になることはありませんので、安心して売却を考えてよいでしょう。