中古車を売却するにあたって、注意すべき点や気をつけたい点をまとめました。中古車買取を行なっているお店はかなり多くありますが、事前に売却しようとするお店のことを、調べておかないと損をすることも多くあります。

お店の広告やHPでの情報を鵜呑みにしない

まず、お店の広告やHP上に書かれているよう買取金額は期待できません。お店側は出来る限り安く買い取り、高く販売することによって利益をあげています。よくお店のHPなどに買取実績額が表記されていますが、過去の買取価格(最高額)を載せていますので、当然ながら事実は事実ですが、過度の期待はしないほうが良いです。同じような走行距離で年式も同じであっても、表記されている価格の7~8割程度で考えておくほうが良いでしょう。また、事故車など修復歴ありの車はどうしても中古車の中でも売却価格は下がります。修復状態にも売却価格は左右されますが、こちらは表記価格の5割程度で考えるほうが良いでしょう。

持ち込むお店は3店舗以上にする

中古車売却にあたって、面倒でも3店舗程度は廻って査定してもらいましょう。なぜなら、中古車買取店はその車を売却できるチャンネルをどれだけ持っているかで、買取額は変わります。ただし、ここでも注意して頂きたいのは、売却するチャンネルを多く持っている=大きなお店(会社)とは限らない事です。逆に大きなお店ではそれだけ自社内を流通する中古車が多くなりますので、査定される目も厳しくなりがちだからです。もし3店舗も行く時間が無いという方は、電話で車種、色、走行距離、修復歴などを伝えるだけでおよその価格を知る事もできますので、電話での確認だけでも行いましょう。

即日売却したいお急ぎの方は必要書類の事前準備を

即日売却したい方は、車を持ち込む前に用意するものがあります。まず、普通車、軽自動車ともに「車検証」「自賠責保険証」「自動車納税書」この3点は必ず必要です。それから預託済みの場合は「リサイクル券」も必要です。また、普通車の場合にはこれら以外に、「印鑑登録証明」「実印」が必要になります。軽自動車の場合は3点以外には「認印」でOKです。最初に記載した3点は大体が車の中にあるでしょうから問題ないでしょうが、印鑑登録証明は事前に役所に行く必要がありますので、普通車を即日売却したい方は、事前に準備をしてください。

まとめ

ご自身が愛着を持って乗られていた車ですので、出来る限り高く売りたいとお考えの方も多くいらっしゃるでしょうから、これまで述べた点はしっかりと注意してください。また、最後は車の見た目が重要です。洗車をして綺麗な状態で持ち込みましょう。