新たな自動車を購入したり、引っ越しなどの理由から、自身が利用していた自動車の売却を検討することがあります。しかしその際様々な必要書類があるため、できれば事前に用意しておきたいと考える人も少なくありません。その為まずはそれらの書類の種類について知っておくと良いでしょう。

中古車売却の際の必要書類あれこれ

中古車売却の際の必要書類の種類は非常に多く、順に集めていくことをお勧めします。まず挙げられるのが印鑑証明書で、登録の移転などを行う際に実印を押さねばならず、その実印が正しいものなのかどうかを証するために印鑑証明書が必要となります。市町村の窓口や一部の地方自治体ではコンビニなどで発行することができますが、有効期限があるため注意が必要です。次に挙げられるのが車検証で、車検証には所有者などの情報が記載されており、ローンなどを利用して完済していない場合はローン会社の名義となっていることがあります。この場合勝手に処分することができないため、それらの確認のために車検証が必要となります。

自身で取得する他ディーラーに依頼する方法も

その他にも自動車税納税証明や自賠責保険証、リサイクル券なども必要となりますが、これらの書類は車検証と同じく自動車に搭載されている事が多いです。しかし印鑑証明書や場合によっては必要な住民票などは自身で窓口などに請求を行い、取得する必要があります。ですが窓口の開いている時間帯に仕事をしており、なかなか取得できない人も少なくありません。そんな時はディーラーなどに取得の委任を行うことで、それらの手続きの代行を依頼することができる場合があります。ただし多くの場合で別途手間賃などが必要なこともあるため、事前に確認しておくと良いでしょう。

必要書類を用意する際に注意したいポイント

中古車売却を行う際の必要書類を用意する際、注意したいポイントとして次のようなものがあります。まず挙げられるのが用意するタイミングで、前述の通り印鑑証明書などの必要書類の一部には、有効期限が定められていることがあります。しかし納車や契約が先延ばしになったりすると、必要なタイミングで期限が切れてしまう可能性もあります。そのため時間に余裕があるのならディーラーに依頼されてから用意し、場合によっては委任を検討するのも一つの手です。次に挙げられるのが紛失した場合で、自動車税納税証明などは領収書などと一体となっており、場合によっては誤って破棄してしまうことがあります。その際県税事務所などに再発行を依頼することになりますが、時間がかかることもあるためスケジュールに照らし合わせ依頼する事が重要です。

まとめ

このように中古車売却を行う際の必要書類は複数存在し、そのどれもに注意点がそれぞれ存在します。せっかく用意したのに無駄になったり、必要書類の用意が納車に間に合わなかったと言った事態を避けるためにも、余裕を持って行動することをお勧めします。